アラフィフたまゆらブログ

都会暮らしから富士山の麓に移住し、ゆるりとした日常生活

「SUTOMO XM-X7」Bluetoothイヤホンの性能と使い心地は?試してみました !

以前、私は気を整えるために気功を習っていました。
しかし、富士山の麓へ引越しをしたので通えなくなっていたのです。
そんなとき、テスト的にインターネットzoomでの気功の講座があるという事を知りました。
その時に購入したイヤホンが「SUTOMO XM-X7」Bluetoothイヤホンです。

これが使ってみると最高に良くて、ぜひ皆さんにおすすめしたいのでご紹介させてもらうことにしました。

 

 

「SUTOMO XM-X7」Bluetoothイヤホン購入してみました

 

私が「SUTOMO XM-X7」Bluetoothイヤホンを購入したのは2018年10月です。

Amazonで 2,780円で購入しました。

Amazonで購入した理由は、私がネット通販サイトをくまなく調べた結果、一番安かったのとAmazonのポイントを使うことが出来たからです。

「SUTOMO XM-X7」Bluetoothイヤホン

「SUTOMO XM-X7」Bluetoothイヤホン



 

「SUTOMO XM-X7」Bluetoothイヤホン一番安く買えるのは ?(最安値)

 
「SUTOMO XM-X7」Bluetoothイヤホンは大手ネット通販ならどこでも購入可能です。

楽天・アマゾン・ヤフーショッピングなどネット通販サイトやヤフオクでも販売されているので、最安値はどこなのかを調べてみました。

結果はご覧の通りです。

 

楽天市場       5,600円 (税込)送料500円

Amazon        2,780円 (税込)prime会員は送料無料

yahooショッピング     3,534円(税込)送料900円~1,300円

 

ヤフオク 2,947円~ 新品、未使用品

ヤフオク

ヤフオク

 ヤフオクのSUTOMO XM-7 Bluetoothイヤホン検索ページはこちら ↓

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/w321296762

 メルカリは売り切れでした。  

「SUTOMO XM-X7」Bluetoothイヤホン使った感想

イヤーピースが3サイズ(S・M・L)ついているので、自分にぴったりの装着感を得られるサイズに付け替えることができます。

私は耳が小さい方ですがSで大きすぎずちょうど良かったです。

イヤーピースSML

イヤーピース

ネックバンドタイプなので、両手で作業をしている時に耳から外れたとしても地面に落下する心配はありません。

また寝ながらでもネックバンドは邪魔にならず装着できます。

SUTOMO XM-X7 Bluetoothイヤホン本体

SUTOMO XM-X7 Bluetoothイヤホン

あまり機械の操作が得意でない私でも簡単に接続出来ました。

 

1. 電源を入れる

 電源ボタンを長押すると起動。ランプが点滅

電源を入れる

電源を入れる

起動してランプが点滅

起動してランプが点滅

2. Bluetoothに接続するiPhoneの設定

 

  BluetoothをONにして本製品【XM-X7】を検索する。

BluetoothをONにする

BluetoothをONにする

 【XM-X7】を選択して接続すると、「起動しました。接続します」と提示音が出る。

【XM-X7】を選択して接続

【XM-X7】を選択して接続

3. 電源を切る

 電源ボタンを長押しして終了。

 

Bluetoothイヤホンとしての性能はどうなの?

私は気功の講座をインターネットzoomで受講する目的で購入してみましたが、音楽を聴いてみると価格の割に音質もとても良かったです。 操作が簡単というのもポイントが高いです。 最新のBluetooth4.2を採用していて、Hi-Fi高音質オーディオで音質もクリア。ノイズキャンセリング機能も搭載しています。 イヤホンの特徴は、なんといっても連続駆動時間が10時間という点と、耐水機能を兼ね揃えている点など多数あります。 もちろんiPhoneやAndroidにも対応しています。

 

2時間の充電で10時間以上の再生が可能

私の場合、充電は3、4日に1度くらいの割合で充電の持ちがいいのがポイントです。 改良されたリチウムポリマーバッテリーは、2時間の充電で10時間以上の稼働を可能としています。 長時間使用するなら寝る前に充電しておいて、翌朝の外出から帰宅まで満足に使うことができる十分すぎる稼働時間と言えます。 また、使用していない間の待機状態では200時間の待機が可能という低電力の仕組みもいいですね。 使用していない間に電力を消費して、いざ使おうという時にバッテリーが残っていないという悲しい思いはもうしなくていいんです。

 

IPX7の耐水性

聞き慣れない規格かと思いますが「IP〇〇」は国際電気標準会議に定められた保護規格を指しています。

最後の数字「7」が防水等級を意味しており、保護の程度は「30分間、1mの深さに水没しても内部に浸水しない」くらいということです。

使用中の雨や汗に耐えられる程度の耐水性能があるのは安心できます。

 

防水仕様はIPX7

防水仕様はIPX7

「SUTOMO XM-X7」Bluetoothイヤホンの口コミレビューを調べてみました。

 

音量を小さくしても音が大きすぎて耳が痛くなったので使えなくなったので返品しました。
引用元:Amazon

私は使っていて音も小さくなり音が大きすぎるということはありませんでした。

 

ネックバンドの部分がプラスティック製で締め付けが結構あって、その影響もあって着ている服によってはケーブルが引っ張れる感じがします。
引用元:Amazon

私は特に締め付けられる感じもなく使用出来ています。

  

これまで使用していたBluetoothイヤホンをうっかりポケットに入れたまま洗濯して壊してしまったので、今回はポケットに入れないようにネックバンド式を購入しましたネックバンドは邪魔になるかと心配でしたが思いのほか気になりません。
引用元:Amazon

そうなんですよね。私もうっかりポケットに入れたまま洗濯しちゃうし、また失くしてしまうことが多いのでネックバンドは私には最適です。

 

音質のレベルは、最近店で体験した1万円クラスの有線イヤホンと同等だと思います。作りもしっかりしておすすめ商品だと思います。
引用元:Amazon

低価格なのに音質はいいですね。

  

何度かBluetoothイヤホンを購入した事がありますが説明書が日本語対応で接続もストレスなく簡単でした。また、そんなに金額差がないのに、今まで使っていたのとこんなに違うのかと思う位クリアに聞こえました。
引用元:Amazon

日本語対応の説明書は大事なポイントですね。そして接続もとても簡単にできました。

  

最後に

実際に使ってみた結果、「SUTOMO XM-X7」Bluetoothイヤホンは次のような人におすすめだと思いました。

なぜなら低価格で音質も良く1回の充電で長時間聞けるからです。

・1回の充電で長時間聞きたい人

・低価格で音質の良いBluetoothイヤホンを探している人

・落とす不安がある人

・スポーツをする人

・操作が簡単なのを探している人

 

逆に「SUTOMO XM-X7」Bluetoothイヤホンをおすすめできないかもしれないなと思うのは次のような人です。 

なぜなら首にまとわりつくのが苦手で、音質重視の方には向かないからです。

・ネックバンドが気になる人

・音質に強いこだわりがある人

 

SUTOMO XM-X7 Bluetoothイヤホンは、音質も良くネックバンドタイプなのでスポーツをする人にもおすすめのBluetoothイヤホンです。

また、操作も簡単なのでストレスなく使用できコスパがとても高いです。