アラフィフたまゆらブログ

都会暮らしから富士山の麓に移住し、ゆるりとした日常生活

紋別・網走・陸別・弟子屈・知床・根室・十勝【北海道旅行 】オホーツク・道東編

 北海道旅行後半は、道南・函館から最北端・稚内にたどり着いた後、オホーツク海沿いに南下していきました。最北端の次は、最東端を目指していきます!

 

オホーツク・道東には、オホーツク海や釧路湿原など北海道らしい自然が多く残っています。世界自然遺産に指定されている知床もあり、北海道旅行でぜひ行ってみたいエリアと言えるでしょう。

 

今回のオホーツク・道東編では、オホーツク・道東がどのようなエリアかを紹介し、立ち寄ったスポットを紹介していきます。

 

 

オホーツク・道東ってどんなところ?

 

オホーツク・道東エリアは、北海道の右半分を占めるエリアとなっています。広大な土地に、大自然あふれるスポットが多くあります。漁業や農業なども盛んで、釧路の海鮮や十勝の豚丼など魅力的なグルメが満載です。オホーツク・道東の魅力に迫っていきましょう!

 

湖や海が多くある

オホーツク・道東エリアは、海や湖など美しい水の観光スポットが多くあります。摩周湖や屈斜路湖、サロマ湖などの湖があり、展望台から望む風景は絶景です!

 

オホーツク海と太平洋に面していることも特徴と言えます。オホーツクには、流氷が流れ着くことでも有名です。オホーツク海に生息するアザラシやクリオネなども見ることができます。

 

太平洋に面した釧路は、好きな海鮮を丼に乗せていく「勝手丼」で知られています。美味しい魚が採れるため、居酒屋やお寿司屋さんの海鮮も驚くほどの美味しいです。景色と合わせて、海産物も味わってみましょう。

 

緑のある絶景も見どころ!

海や湖だけでなく、緑も豊富にあるのも、道東エリアの見どころです。道東エリアの十勝は、酪農王国としても知られており、牧場や農場の風景を楽しむことができます。

 

十勝平野には、日高山脈や十勝千年の森など、緑があふれています。ドライブだけでも気持ちよく、アクティビティや体験を楽しむことで、より北海道の自然を感じることができます。

 

世界自然遺産・知床に行ってみよう!

オホーツク・道東エリアで一度は行ってみたい場所に知床が思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか。知床には、豊かな自然が残っているだけでなく、希少な動物が生息しています。

 

ヒグマやエゾシカ、マッコウクジラ、オジロワシなど生物の宝庫です。知床では、トレッキングやクルーズを楽しむことができます。大自然と野生動物と触れ合いに、世界自然遺産・知床に行ってみましょう。

 

オホーツク

 

稚内のある宗谷地方から南下し、まずオホーツクに入りました。網走監獄や流氷にゆかりのあるスポットに行ってきました!今回訪れたオホーツクの観光地を紹介していきます。

 

ウスタイベ千畳岩

宗谷地方・浜頓別町から南下すると、枝幸町にあるウスタイベ千畳岩が現れます。岩が畳のように敷き詰められていることから、千畳岩と言われています。ウスタイベとは、岬の名前です。

 

北オホーツク自然公園に指定され、不思議な景色が観光客を惹きつけています。枝幸かにまつりが行われることでも有名です。毎年7月に行われるため、合わせてウスタイベ千畳岩に訪れるのも良いでしょう。近くには、ウスタイベ千畳岩キャンプ場もあり、キャンプ旅にもおすすめのスポットです。

 

ウスタイベ千畳岩

ウスタイベ千畳岩

住所:北海道枝幸郡枝幸町岬町1135-1

HP:枝幸観光ポータル 枝幸町観光協会

 

 

紋別の巨大カニの爪

流氷で有名な紋別は、カニの名産地としても知られています。紋別の名所として、巨大なカニの爪のオブジェがあります。高さ12m、幅6mで、圧倒的な存在感です!

巨大なカニの爪は、流氷アートフェスティバルで、彫刻家と商工会議所の桑原さん、紋別市民で制作されたそうです。オホーツクの象徴となるオブジェであるため、ぜひ立ち寄って、間近で迫力を体験してみましょう。

 

巨大カニの爪

巨大カニの爪

住所:紋別市元紋別

電話番号:0158-24-3900

HP: カニの爪(オブジェ) – 株式会社 紋別観光振興公社

 

紋別市海洋公園

紋別市海洋公園内には、流氷船として活躍していた初代ガリンコ号が展示されています。流氷を突き進むガリンコ号は、流氷を見に来る多くの観光客を乗せてきました。現在は、ガリンコ号Ⅱが後を引き継ぎ、流氷観光を支えています。

 

周辺には、海洋交流館やベイエリアオートサイトというキャンプエリアもあります。流氷観光と合わせて、周辺施設に行くのもおすすめです。

ガリンコ号

ガリンコ号

住所:紋別市海洋公園1番地

電話番号:0158-24-8000

 

サロマ湖

サロマ湖は、オホーツク海とつながっていることや北海道最大の湖と知られています。日本で見ても3番目に大きい湖です。サロマ湖を一望できる展望台やサロマ湖クルーズで、最大級の湖の景色を楽しむことができます。

 

サロマ湖

サロマ湖

サロマ湖とオホーツク海の間に位置する場所には、ワッカ原生花園があります。原生花園内に続く道を歩きながら、色とりどりの花を鑑賞できます。サロマ湖のホタテやカキも絶品です。ぜひ食べてみてくださいね。

 

住所:常呂郡佐呂間町字浪速121番地3

電話番号:01587-5-2828

HP: サロマ湖 – 北の道の駅

 

網走監獄

網走監獄は、明治時代に使用されていた網走刑務所を保存した建造物です。広い敷地に当時の様子を再現した建物が立ち並び、中も人形などが置かれていて、細部まで復元されています。

網走監獄

網走監獄

独房の生活や裁判の様子などを人形を使って再現しているため、歴史を感じられながらも不気味な雰囲気もあります。

 

独房

独房

裁判の様子

裁判の様子

網走監獄は、コミック・ゴールデンカムイの聖地としても知られ、再び注目を集めています。北海道の歴史を感じたり、ゴールデンカムイの舞台を見に行ったりできるオホーツクの人気スポットです。

 

住所:北海道網走市字呼人1-1

電話番号:0152-45-2411

HP: 博物館 網走監獄 公式サイト

 

りくべつ鉄道

紋別・網走から内陸に入り、陸別まで移動してきました。陸別町は、日本一寒い町としても知られていて、マイナス38度を記録したことがあります。北海道に住んでいる人でも凍えてしまうほどの寒さだったそうで、想像もできない寒さですよね。

 

陸別町の有名スポットに、りくべつ鉄道があります。網走本線、池北線を経て、最後はふるさと銀河線として走り続けました。全線廃止になってからは、観光鉄道「ふるさと銀河線りくべつ鉄道」として親しまれています。

 

銀河鉄道999が描かれたラッピング車両も有名です。現在は十勝を舞台にしたNHKテレビ小説「なつぞら」のラッピング車両が走っています。

 

りくべつ鉄道

 

住所:北海道足寄郡陸別原野基線69-1

電話番号:0156-27-2244

HP:ふるさと銀河線りくべつ鉄道PV - rikubetsu-railway ページ!

 



黒岳登山

りくべつから旭川方面・層雲峡に進むと、大雪山系の黒岳があります。天気が良かったこともあり、黒岳に登ってみました!

 

黒岳は、ロープウェイで7合目まで移動できます。670mから1520mまで運んでくれるロープウェイからの景色も楽しんでみましょう。頂上までは約1時間ほどの道のりで初心者にも安心の登山です。

 

ロープウェイ

 

登山に咲く植物や特徴ある岩の形など見どころいっぱいの山です。頂上からは雪の残る大雪山系の美しい山々を見ることができます。オホーツク・道東旅や旭川旅行と合わせて、訪れるのがおすすめです。

 

黒岳頂上付近

黒岳頂上付近

住所:北海道上川郡上川町層雲峡

 HP:https://www.rinyu.co.jp/kurodake/

 

美幌峠

黒岳から宿泊地・和琴半島湖畔キャンプ場までの道のりで、美幌峠を通りました。美幌峠からは、屈斜路湖を一望することができます。

 

美空ひばりさんが歌った「美幌峠」やドラマ「君の名は」では、美幌峠が舞台になっていて、記念碑や写真などがレストハウスに飾られています。レストハウスには、おみやげや軽食もあり、移動の合間に立ち寄るのがおすすめです。

美幌峠


住所:網走郡美幌町字古梅

電話番号:0152-75-0700

HP:ぐるっとパノラマ美幌峠 – 北の道の駅

 



湖や湿原など自然にあふれる釧路エリア

 

釧路エリアには、釧路湿原や摩周湖、阿寒湖など、美しい自然があります。北海道の中でも、冷涼な気候で避暑地としても知られています。涼しい気候の中で大自然を満喫できる釧路エリアのスポットを紹介していきます。

 

硫黄山

弟子屈町にある硫黄山は、硫黄の採掘地として、周辺の川湯温泉などの発展に貢献しました。現在も、硫黄山は活動を続け、硫黄の匂いが立ち込めています。硫黄山の地熱を利用したゆで卵は、ぜひ味わっておきたいご当地グルメです。

 

硫黄山

硫黄山

住所:北海道川上郡弟子屈町川湯

電話番号:015-483-2670

HP: https://www.masyuko.or.jp/introduce/iouzan/

 

摩周湖

火山活動でできたカルデラ湖の中でも最大級の摩周湖は、弟子屈町の阿寒国立公園内に位置しています。ロシアのバイカル湖に次ぐ透明度の高い湖です。周りの山々や空が映り、壮大な風景を見せてくれます。

 

摩周湖は、霧が発生しやすいことでも知られています。「霧の摩周湖」という歌謡曲もあるほどです。摩周湖に霧がなく、よく見えると婚期が遅れるという迷信もあります。

摩周湖

摩周湖


 住所:北海道川上郡弟子屈町

 HP:https://www.masyuko.or.jp/introduce/mashu/

 

神の子池

神の子池は、摩周湖からの湧水が作った池です。透明度の高い水が美しく、約5mの小さい池ながら多くの観光客が訪れる人気スポットです。

 

神の子池

神の子池

住所:北海道斜里郡清里町羽衣町62番地

電話番号:0152-25-4111

HP:神の子池 - きよさと観光協会

 



阿寒湖アイヌコタン

釧路の阿寒湖には、アイヌコタンと呼ばれる集落があります。アイヌの民芸品の販売や木彫作品などで広く知られ、アイヌの文化を知ることができるアイヌシアターも有名なスポットです。アイヌコタンは、重要無形民俗文化財に北海道で唯一指定されています。

阿寒湖アイヌコタン

阿寒湖アイヌコタン


 阿寒湖は、温泉地としても有名で、阿寒湖を見ながら入ることができる温泉や北海道の食材などを堪能することができます。

 

住所:北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉4丁目7-19

電話番号:0154-67-2727

HP: トップページ - 阿寒湖アイヌコタン阿寒湖アイヌコタン

 

小清水原生花園

阿寒湖からオホーツク海沿いにある小清水原生花園まで移動してきました。小清水原生花園は、オホーツク海と濤沸湖の間の砂丘にあります。カラフルな花が咲き、美しい花風景が広がっています。

小清水原生花園

小清水原生花園

小清水原生花園には、原生花園駅という小さな駅があり、5月から10月までの間限定で電車が発着します。駅自体も小さくて可愛いですが、海沿いをまっすぐ伸びる線路も絵になります。

 

 

原生花園駅

原生花園駅

まっすぐに伸びた線路

まっすぐに伸びた線路

住所:北海道斜里郡小清水町元町2丁目1番1号

電話番号:0152-62-4481

HP:http://www.town.koshimizu.hokkaido.jp/hotnews/detail/00000164.html

 

 

釧路湿原国立公園

一度知床に行き、釧路に戻った際に、釧路湿原国立公園を訪れました。釧路湿原は、ラムサール条約に指定された湿原です。動植物が多数生息していて、タンチョウが降り立つこともあります。

 

釧路湿原には、木道が続いているため、湿原内を歩くことができます。湿原の自然を満喫する散歩ができ、湿原の景色を存分に感じられます。コッタ展望台からは、湿原を一望することができます。

 

コッタ展望台からの湿原

コッタ展望台からの湿原

住所:トリトウシ原野 釧路町 釧路郡

 

世界自然遺産・知床へ

北海道を代表する観光地・知床。世界自然遺産に認定されており、知床でしか見られない自然風景、動植物を見ることができます。知床と合わせて、最東端の地がある根室にも行ってきました!

 

オシンコシンの滝

 

知床半島にある斜里町に知床八景の一つ・オシンコシンの滝があります。「日本の滝100選」にも入っている滝で、二股に分かれた美しい流れから「双美の滝」とも言われています。オシンコシンの滝の間近まで近づくことができ、迫力万点の知床の景色となっています。

 

オシンコシンの滝

オシンコシンの滝

電話番号:0152-22-2125

HP:オシンコシンの滝|知床斜里町観光協会

 



知床国立公園

知床国立公園には、世界自然遺産・知床の大自然がそのまま残っています。知床国立公園内にある知床五湖フィールドハウスでは、ガイドツアーの申し込みをすることができます。知床にはヒグマが生息しているため、ガイドなしではいけない部分もあります。

 

知床連山


 

安全に散策できるエリアには、木道が設置されています。自然を見ながら木道を歩くことができます。より深い知床の自然を感じたい方は、あらかじめツアーの予約をしておきましょう。

 

知床木道

 

知床を楽しむことができるように様々なアクティビティがあり、ガイドさんがたくさんいます。知床の海でのアクティビティやトレッキング、サイクリングなどに挑戦してみましょう。

 HP:地上遊歩道|知床五湖

 

 

また知床のある斜里町は、海鮮の美味しい場所としても知られています。今回お邪魔したウトロ漁業婦人部食堂には、海鮮丼や海鮮を使用した定食などがメニューにありました。知床に訪れたら、海の幸も味わってみましょう。

ウトロ漁業婦人部食堂

ウトロ漁業婦人部食堂

住所:北海道斜里郡斜里町ウトロ東117 電話番号:0152-24-3191

 

 

知床峠

知床峠は、斜里町のウトロと羅臼を横断する峠です。道路の途中には、知床峠展望台があり、北方領土の国後島が見えることもあります。今回は雲の中に隠れていましたが、ぜひ見ておきたい景色です。

 

知床峠

知床峠

HP:知床峠|知床斜里町観光協会

 



風蓮湖

知床峠を超え、知床半島から海沿いに南下し、根室にやってきました。根室市と別海町にまたがる風蓮湖は、白鳥の飛来地として全国的に有名です。

 

風蓮湖

風蓮湖

電話番号:0153-24-3104

HP:風蓮湖 (根室市/北海道観光スポット) | 根室振興局産業振興部商工労働観光課

 



納沙布岬

納沙布岬に行く前に、根室名物エスカロップをいただきました。バターライスにとんかつが乗っていて、その上からデミグラスソースがかかっています。とても美味しいので、根室を訪れた際は、ぜひ食べてみてくださいね。

根室名物エスカロップ

根室名物エスカロップ

どりあん基本情報

住所: 北海道根室市常盤町2丁目9番地

電話番号:0153-24-3403

◆食事と喫茶 どりあん - 根室市観光協会

 

美味しいごはんを食べた後、日本最東端の地・納沙布岬にたどりつきました!最も早い日の出が見られる場所として、例年多くの観光客が訪れるそうです。

 

納沙布岬

納沙布岬

HP: ◆納沙布岬 - 根室市観光協会

 

霧多布岬

霧多布岬は、トッカリ(アザラシ)を見ることのできる岬であるため、トッカリ岬とも呼ばれています。霧多布湿原の高台にある琵琶瀬展望台からは、湿原と太平洋を一望することができます。

霧多布岬


 

住所:北海道厚岸郡浜中町湯沸33番地

 HP:見どころ自慢7霧多布岬 | 観光スポット | 北海道 浜中町観光協会

 

 

十勝

 

知床・根室に行った後、一度釧路に戻り、宿泊しました。釧路湿原を見て、次は十勝エリアへ移動です!十勝では、牧場や幸福駅に訪れました。オホーツク・道東編も大詰めです。さっそく見ていきましょう。

 

ナイタイ高原牧場

十勝エリアの上士幌町にあるナイタイ高原牧場は、日本一広い公共牧場とされています。その広さは、約1700ヘクタールで、東京ドーム358個分という途方もない広さです。

 

牛が放牧されており、のどかな牧場風景を楽しむことができます。頂上には、ナイタイテラスという展望台があります。展望台から絶景を眺めるために、大自然をドライブしながらナイタイテラスを目指しましょう。

 

ナイタイ高原牧場

ナイタイ高原牧場

住所:上士幌町字上音更128-5

電話番号:090-3398-5049

HP: ナイタイ高原牧場|日本一広い公共牧場。頂上付近には展望テラスもあります。|かみしほろ観光情報

 

幸福駅

幸福駅は、帯広の観光のシンボルとして知られています。幸福を願う観光客が多く訪れ、恋人の聖地としても定着しています。電車が走っていた頃の駅舎やプラットホームが残されていて、中を見ることもできます。

幸福駅

幸福駅


幸福駅に設置されている幸福の鐘は、鳴らすと幸せになれると言われ、人気スポットになっています。

 

駅舎も人気スポットで、駅舎に名刺を貼り付けると幸せになるといった観光文化も生まれました。旅行の途中に、幸福駅に立ち寄って、幸せを願ってみてはいかがでしょうか。 

幸福駅周辺

 

住所:北海道帯広市幸福町

HP: 幸福駅発|北海道帯広市・幸福駅公式ホームページ | Just another WordPress weblog

 

花畑牧場

花畑牧場は、生キャラメルで有名になったことで、知っている方も多いのではないでしょうか。タレントの田中義剛さんが経営していることでも知られ、25周年を迎えています。

花畑牧場

花畑牧場

生キャラメル以外にも、牧場で作られたチーズを使ったラクレットやスイーツ、ホエー豚なども有名です。

 

牧場には、リャマなどの動物もいます。牧場ののどかさを感じたり、名物を食べたりして、花畑牧場を楽しんでみましょう。


住所: 北海道河西郡中札内村元札内東4線311−6

電話番号:0120-929-187

HP: 花畑牧場は、厳選した北海道産の素材を活かした手造りのスイーツやチーズ、生キャラメルなどを製造販売しています。

 

 

まとめ

 オホーツク・道東旅では、紋別のカニの爪や釧路湿原、知床、ナイタイ高原牧場など、たくさんの自然を見ることができました。ぜひ見て欲しい美しい景色ばかりでした!ウトロで食べた海鮮丼や根室のエスカロップなどグルメも全部美味しかったです。

 

自然やグルメを楽しみたいという方には、オホーツク・道東をおすすめします。道央や道北から道東にぜひ足を伸ばしてみましょう。

 

道東の次に訪れた札幌は、北海道旅行記 道南・道央編で紹介しています。最北端・稚内などを紹介した道北編もよければ、チェックしてみてくださいね!

 

北海道  キャンプ場編はこちらをご覧ください  ↓

www.tamayura223.com 

北海道  道南・道央編はこちらをご覧ください  ↓

www.tamayura223.com

北海道  道北編はこちらをご覧ください  ↓

www.tamayura223.com